≪ 研究業績 ≫

  【東海大学着任後の研究業績】


 ◎学術論文(査読あり)
 ・Frictional Properties of TiB2-MoS2 Composite Films Heated in Ambient
  Atmosphere, N. Ninomiya and M. Kohzaki, Proceedings of The International
  Conference on Materials Processing and Technology 2017, pp.194-199, (2017)..


 ・
Improvement of Lubricious Properties of TiB2-MoS
2 Composite Films
  at High Temperature, M. Arai and M. Kohzaki, Proceedings of The International
  Conference on Materials Processing and Technology 2016, (2016) in CD.


 ・Improving Mechanical Properties of TiB2 Base Films for Cutting Tools to Cut
  Difficult-to-machine Materials, S. Shimada and M. Kohzaki, Proceedings of The
  International Conference on Materials Processing and Technology 2016, in CD.


 ・CH4導入によるB-Cスパッタコーティング材の摩擦特性の改善とその
  切削性能の評価, 神崎昌郎,島田駿貴,精密工学会誌,Vol.82, No.2,
  pp.198-204, (2016).

 ・TiB2ベース薄膜の機械的特性向上と切削工具への応用,神崎昌郎
  島田駿貴,砥粒加工学会誌,Vol.59, No.12, pp.711-716, (2015).

 ・Realization of High Temperature Lubricationg Properties of TiB2-MoS2
  Composite Films, M. Arai and M. Kohzaki, Proceedings of Malaysia-Japan
  Joint International Conference 2015, (2015) in CD.


 ・Developing the Ti-B films with High Temperature Lubricating Properties for
  Cutting Difficult-to-Machine Materials, S. Shimada and M. Kohzaki,
  Proceedings of The International Conference on Materials Processing and
  Technology 2015, pp.71-75, (2015).


 ・Development of Lubricious TiB2-MoS2 Composite Films by Controlling MoS2
  Content, M. Arai and M. Kohzaki, Proceedings of The International Conference
  on Materials Processing and Technology 2015, pp.76-79, (2015).


 ・Realization of Low Frictional Property of
TiB2-MoS2 Composite Films with
  Low
MoS2 Content, M. Arai and M. Kohzaki, Proceedings of 3rd Malaysia-Japan
  Tribology Symposium 2014, (2014) in CD.

 ・Improvement of The Stability of The 20cc Hydrogen Rotary Engine by Control
  of The Temperature Rise, S. Mizota, S. Yokoyama and M. Kohzaki, Proceedings
  of MJIIT-JUC Joint Symposium 2014, (2014) in CD.


 ・Essential Research in Machining Difficult-to-machine Materials for Advancing
  MQL Cutting Technology with a Newly Developed Coated Tool, S. Shimada and
  M. Kohzaki, Advanced Materials Research, Vol.1017, pp.329-333, (2014).


 ・機械システム用潤滑性硬質膜の開発,神崎昌郎,機械の研究,
  Vol.66, No.5, pp.378-383, (2014).


 ・Performance Evaluation of 20cc Hydrogen Rotary Engine for Development of
  New Micro Power Sources, S. Yokoyama, S. Ariyama, K. Kawana, S. Mizota and
  M. Kohzaki, Proceedings of MJIIT-JUCJoint International Symposium 2013,
  (2013) in CD.

 ・Development of The Compact Hydrogen Rotary Engine by Mechanical
  Machining of Steel Materials, S. Yokoyama and M. Kohzaki, Proceedings of
  The International Conference on Materials Processing and Technology 2013,
  pp.167-170, (2013).


 ・Production of Highly Lubricious Ti-based Ceramic Films for Reducing Friction
  between Web and Transiting Roller, M. Kohzaki and R. Makita, Jpn. J. Appl.
  Phys., Vol.52, No.5, (2013) 05DA03.

 ・Property Characterization of The Small-scale Hydrogen Rotary Engine,
  J. Saikawa and M. Kohzaki, Proceedings of MJIIT-JUC Joint Symposium 2012,
  (2012) in CD.


 ・Development of DLC-coated Femoral Head for Artificial Hip Joint,
  T. Sakaguchi and M. Kohzaki, Proceedings of The International Conference on
  Materials Processing and Technology 2012, pp.125-128, (2012).

 ・Improvement Cutting Efficiency of Titanium Alloys by Ti-B-C Coated Tool,
  R. Makita and M. Kohzaki, Proceedings of The International Conference on
  Materials Processing and Technology 2012, pp.129-132, (2012).


 ・Output Power Characterization of The 20cc and 5cc Hydrogen Rotary
  Engine for Development of Micro Power Source, J. Saikawa and M. Kohzaki,
  Proceedings of The International Conference on Materials Processing and
  Technology 2012, pp.217-220, (2012).


 ・TiN+MoS2 複合ターゲットを用いた高潤滑性スパッタ膜の創成とその
  密着性の改善,神崎昌郎鈴木孝幸,精密工学会誌,Vol.78, No.3,
  pp.241-245, (2012)
.


 ・難削材加工用B-C系コーティング材の開発,神崎昌郎,森田次郎,
  砥粒加工学会誌,Vol.56, No.1, pp.34-39, (2012).

 ・Ti添加非晶質炭素膜の人工股関節への応用検討,神崎昌郎
  森永雄大,砥粒加工学会誌,Vol.55, No.2, pp.98-101, (2011).

 ・高潤滑性窒化チタン−二硫化モリブデン複合膜の創成,神崎昌郎
  鈴木敬之介,トライボロジスト,Vol.54, No.3, pp.201-208, (2009).

 ・Investigation of Cutting Properties of Ti-B-C Coated Tools against
  Titanium Alloy, J. Morita and M. Kohzaki, Proceedings of Malaysia-Japan
  International Symposium on Advanced Technology 2007, (2007) in CD.

 ・メタンガス導入による炭化ホウ素系スパッタ薄膜の摩擦特性向上,
  神崎昌郎,トライボロジスト,Vol.52, No.4, pp.303-309, (2007).

 ・マグネトロンスパッタリング法によるホウ素含有薄膜の創成とその
  機械的特性の評価,神崎昌郎,精密工学会誌,Vol.72, No.6, pp.756-760,
  (2006).


 ◎著書
 ・これで使える機能性材料パーフェクトガイド,大竹尚登,神崎昌郎
  宇治原徹,崎正也 《編著》,講談社.


 ◎紀要・解説
 ・0.126cc水素ロータリーエンジンの自立駆動実験,吉葉神崎昌郎
  東海大学紀要工学部,Vol.56, No.1, pp.61-66, (2016).

 ・自動車・医療機器の機械要素・部品における表面改質の研究動向,
  神崎昌郎,Mechanical Surface Tech,No.033, pp.22-24, (2016).

 ・次世代動力源開発に向けた20t水素ロータリーエンジンの運転特性
  評価,才川純一,横山昇吾,神崎昌郎,東海大学紀要工学部,
  Vol.53, No.1, pp.75-80, (2013).

 ・エンジン摺動部品用高潤滑性TiN-
MoS2 複合膜の創成,鈴木孝幸,
  神崎昌郎,東海大学紀要工学部,Vol.51, No.1, pp.123-128, (2011).

 ・高耐熱B-C-X系硬質膜を用いた難削材の高効率加工,神崎昌郎
  東海大学紀要工学部,Vol.49, No.2, pp.131-134, (2009).

 ・Ti合金切削用Ti-B-Cコーテッド工具の開発,森田次郎,神崎昌郎
  東海大学紀要工学部,Vol.48, No.1, pp.143-148, (2008).

 ・真空加熱処理によるTi添加DLC膜の密着力向上,神崎昌郎
  東海大学紀要工学部,Vol.48, No.1, pp.137-142, (2008).

 ・金属添加DLCコーティング工具によるドライ切削特性の向上,松本
  克哉,神崎昌郎,東海大学紀要工学部,Vol.46, No.1, pp.55-60, (2006).

 ・二硫化モリブデン添加によるTiN薄膜の低摩擦化,榊 岳史,
 神崎昌郎,東海大学紀要工学部,Vol.46, No.1, pp.61-66, (2006).

 ・マグネトロンスパッタリング法により形成したホウ素含有薄膜の
  機械的特性,神崎昌郎,東海大学紀要工学部,Vol.45, No.1,
  pp.45-48, (2005).


 ◎国際会議
 ・Frictional Properties of TiB2-MoS2 Composite Films Heated in Ambient
  Atmosphere, N. Ninomiya and M. Kohzaki, Proceedings of MNTC
  International Symposium 2017, p.31, (2017).

 ・Improvement of Mechanical Properties of TiB2 Based Films and Their
  Application for Cutting Toolse, K. Tsuchiya and M. Kohzaki, Proceedings of
  MNTC International Symposium 2017, p.133, (2017).

  ・Improvement of Mechanical Properties of TiB2-MoS2 Composite Films, N. Ninomiya and M. Kohzaki,
   Proceedings of The International Tribology Conference Tokyo 2015.

  ・Preparation of Hard and Lubricious Films by Magnetron Sputtering (invited), M. Kohzaki, Proceedings
   of The International Conference on Materials Processing and Technology 2013, pp.33-38, (2013).

  ・Low Frictional Properties of Ti-based Ceramic Film Prepared by DC Magnetron Sputtering,

   M. Kohzaki, Proceedings of The 2012 International Conference on Flexible and Printed Electronics,
   (2012) in CD.

  ・Production of TiB
2 Based Ti-B-C Coated Tools for Cutting Titanium Alloy, M. Kohzaki,
   Proceedings of 26th American Society for Precision Engineering Annual Meeting, (2011) in CD.

  ・Development of Titanium Nitride-Molybdenum Disulfide Composite Thin Films with Low Frictional
   Properties and High Hardness, T. Suzuki and M. Kohzaki, Proceedings of The International Tribology
   Congress ASIATRIB 2010, (2010) in CD.

  ・Influence of Adding Substrate Bias Voltage on Adhesive Strength and Frictional Characterisitics of
   Ti-Doped Amorphous Crabon Film for Artificial Hip Joint, Y. Morinaga and M. Kohzaki, Proceedings
   of The International Tribology Congress ASIATRIB 2010, (2010) in CD.

  ・Preparation of Titanium Nitride-Molybdenum Disulfide Composite Thin Films with Low Frictional
   Properties, M. Kohzaki, Proceedings of 24th American Society for Precision Engineering Annual
   Meeting, (2009) in CD.

  ・Production of High Adhesive Ti-doped Amorphous Carbon Films for Artificial Hip Joint by Heat
   Treatment in Vacuum, T. Asakura and M. Kohzaki, Proceedings of World Tribology Congress 2009,
   (2009) in CD.


  ・Development of High Adhesive and Lubricious Ti-B-C Thin Films for Cutting of Ti Alloys, S. Inaba
   and M. Kohzaki, Proceedings of World Tribology Congress 2009, (2009) in CD.

  ・Production of Titanium Nitride-Molybdenum Disulfide Composite Thin Films with High Lubricious
   Properties, T. Suzuki and M. Kohzaki, Proceedings of World Tribology Congress 2009, (2009) in CD.

  ・Improvement of Adhesive Strength for Ti-doped DLC Films by Heat Treatment in Vacuum,
   M. Kohzaki, Proceedings of 23rd American Society for Precision Engineering Annual Meeting,
   (2008) in CD.

  ・Investigation of Cutting Properties of Ti-B-C Coated Tools against Titanium Alloy, J. Morita and
   M. Kohzaki, Proceedings of 5th Conference in Materials Processing Technology, pp.10-13, (2008).

  ・Improvement of Mechanical Properties of B-C Thin Films by Controlling Carbon Contents,
   J. Morita and M. Kohzaki, Abstract Book of The International Conference of New Diamond and
   Nano Carbons 2007, P371, (2007).

  ・The Effects of CH
4 Introduction on Lowering Friction of B4C Sputtered Thin Films, J. Morita and
   M. Kohzaki, Proceedings of The 3rd Asia International Conference on Tribology, Vol.1, pp.323-324,
   (2006).

  ・Mechanical Properties of Boron Containing Thin Films Prepared by Magnetron Sputtering Method,
   M. Kohzaki, T. Sakaki and T. Matsumoto, Synopses of The International Tribology Conference, Kobe,
   2005, P197, (2005).

 ◎学会発表・講演
 *2017年度
  ・水素ロータリーエンジンの可能性,神崎昌郎,近畿経済産業局 
   関西スマートエネルギー推進事業 第2回水素分科会(依頼講演).

 *2016年度

  ・環境調和型超小型動力源開発に向けた0.126cc 水素ロータリーエンジンの駆動実験,渡部雄貴,神崎昌郎
   平成28年 神奈川県ものづくり技術交流会.【ポスター賞受賞】


 *2015年度
  ・スパッタ法による潤滑性硬質膜の創成とその密着性の改善,神崎昌郎
   日本材料学会 第152回破壊力学委員会講演(依頼講演).

  ・20cc水素ロータリーエンジンの性能に及ぼす点火時期の影響,溝田真吾,神崎昌郎
   日本機械学会2015年度年次大会.


 *2014年度
  ・温度上昇抑制が20cc水素ロータリーエンジンの運転安定性に及ぼす影響,横山昇吾,溝田真吾,
   神崎昌郎第25回内燃機関シンポジウム.


  MoS2添加による高潤滑性TiB2基複合膜の創成,荒井政俊,神崎昌郎
   トライボロジー会議2014秋 盛岡.

  ・0.126cc 水素ロータリーエンジン用小型点火プラグの点火性向上,吉葉慧,神崎昌郎
   平成26年 神奈川県ものづくり技術交流会


  ・ホウ素過剰添加によるTiB2膜の機械的特性向上,島田駿貴,神崎昌郎
   2014年度砥粒加工学会学術講演会


  MoS2含有量制御によるTiB2-MoS2複合膜の低摩擦特性の発現,荒井政俊,神崎昌郎
   2014年度砥粒加工学会学術講演会


  ・20cc水素ロータリーエンジンの温度上昇抑制による安定性向上,溝田真吾,横山昇吾,神崎昌郎
   日本機械学会2014年度年次大会.


 *2013年度

  ・燃料供給方式の違いによる20cc水素ロータリーエンジンの安定性の変化,横山昇吾,神崎昌郎
   日本機械学会2013年度年次大会.


 *2012年度
  ・ホウ素過剰添加によるTi合金切削用TiB2系コーティング材の高性能化,牧田亮平,神崎昌郎
   第20回機械 材料・材料加工技術講演会.


  ・高機能を発揮する最先端コーティング技術,神崎昌郎
   精密工学会中国四国支部講習会 「これから拡がる先進材料の加工技術」.


 *2011年度

  ・摩擦低減用高耐熱硬質TiN-MoS2複合膜の開発,神崎昌郎
   輸送用機器業界 「新技術説明会 in 浜松」.


  ・超小型動力源開発に向けた20cc水素ロータリーエンジンの出力特性評価,才川純一,秋元達雄,
   神崎昌郎,平成23年度神奈川県ものづくり技術交流会.


  ・難削材加工用B-C系コーティング材の開発,神崎昌郎,森田次郎,
   2011年度砥粒加工学会学術講演会.

  ・超小型動力源開発に向けた20cc水素ロータリーエンジンの出力特性評価,才川純一,秋元達雄,
   神崎昌郎,日本機械学会2011年度年次大会.

  ・スパッタ法による機械システム用潤滑性硬質膜の創成,神崎昌郎
   日本塑性加工学会 接合・複合分科会第79回研究会.

 *2010年度

  ・Ti中間層形成による高潤滑性TiN-MoS2複合膜の密着性の向上,鈴木孝幸,神崎昌郎
   平成22年度神奈川県ものづくり技術交流会.

  ・薄膜評価用20tロータリーエンジンの開発と運転条件の選定,秋元達雄,神崎昌郎
   平成22年度神奈川県ものづくり技術交流会.

  ・人工股関節用非晶質炭素膜の機械的特性に及ぼすバイアス電圧の影響,森永雄大,神崎昌郎
   平成22年度神奈川県ものづくり技術交流会.

  ・バイアス電圧印加によるTiN-MoS
2複合膜の摩擦摩耗特性改善,鈴木孝幸,北村仁宏,神崎昌郎
   2010年度精密工学会秋季大会.

  ・人工股関節用非晶質炭素膜の機械的特性に及ぼすバイアス電圧の影響,森永雄大,伊藤友太,
   重松宏幸,宮入大和,神崎昌郎,2010年度精密工学会秋季大会.

  ・20t水素ロータリーエンジン運転時の安定性向上と高出力化の検討,秋元達雄,鈴木孝幸,
   神崎昌郎,日本機械学会2010年度年次大会.


  ・TiB2薄膜の硬質化と航空機材料用切削工具への応用,頓所孝文,神崎昌郎
   日本機械学会2010年度年次大会.


  ・Ti添加非晶質炭素膜の人工股関節への応用検討,神崎昌郎,森永雄大,
   2010年度砥粒加工学会学術講演会.

  ・人工関節用高密着性Ti添加DLC膜の創成,神崎昌郎
   首都圏産業活性化協会 第13回医療機器デバイス研究会 基調講演.

 *2009年度
  ・航空機用材料の加工に適したホウ素含有潤滑性硬質膜の創成およびそのドライ加工性能,
   稲葉翔一,神崎昌郎,2010年度精密工学会春季大会.

  ・Ti中間層を有する高潤滑性TiN-MoS
2複合膜の機械的特性,鈴木孝幸,神崎昌郎
   2010年度精密工学会春季大会.

  ・DLC膜より高温で頑張る低摩擦薄膜,神崎昌郎,テクニカルショウヨコハマ2010.

  ・TiB
2+αを出発源とするTi-B-C薄膜の創成とその硬度・摩擦特性の制御,稲葉翔一,神崎昌郎
   平成21年度神奈川県ものづくり技術交流会.

  ・MoS
2含有量低減によるTiN-MoS2複合膜の機械的特性の向上,鈴木孝幸,神崎昌郎
   平成21年度神奈川県ものづくり技術交流会.

  ・人工股関節用非晶質炭素膜の創成,朝倉俊和,神崎昌郎
   平成21年度神奈川県ものづくり技術交流会.

  ・TiB
2を骨格としたTi合金加工用潤滑性硬質膜の創成,稲葉翔一,神崎昌郎
   日本機械学会2009年度年次大会.

  ・低MoS
2含有量におけるTiN-MoS2複合膜の低摩擦特性の実現,鈴木孝幸,神崎昌郎
   2009年度精密工学会秋季大会.

 *2008年度
  ・人工関節用非晶質炭素膜の機械的特性に及ぼすTi添加および真空加熱処理の影響,朝倉俊和,
   神崎昌郎,2009年度精密工学会春季大会.

  ・Ti-B-Cコーテッド工具の開発とTi合金の切削性の評価,稲葉翔一,神崎昌郎
   2009年度精密工学会春季大会.

  ・高温酸化処理が及ぼすTiN-MoS
2複合膜の機械的特性への影響,鈴木敬之介,神崎昌郎
   2008年度精密工学会秋季大会.

  ・変動荷重型3自由度シミュレーターを用いた人工股関節材料の摩擦特性評価,朝倉俊和,神崎昌郎
   日本機械学会2008年度年次大会.

  ・Ti-B-C薄膜の低摩擦化と切削工具への応用検討,稲葉翔一,神崎昌郎
   日本機械学会2008年度年次大会.

 *2007年度
  ・チタン合金切削用Ti-B-C薄膜コーテッド工具の開発,森田次郎,神崎昌郎
   2008年度精密工学会春季大会.

  ・真空加熱処理によるTiN-MoS
2複合膜の機械的特性向上の検討,鈴木敬之介,神崎昌郎
   2008年度精密工学会春季大会.

  ・機械システム用潤滑性硬質膜の創成,神崎昌郎,産学コラボレーション2008.

  ・DCマグネトロンスパッタリング法による高潤滑性MoS
2添加TiN薄膜の創成,鈴木敬之介,神崎昌郎
   平成19年度神奈川県ものづくり技術交流会.

  ・B-C系薄膜コーテッド工具によるチタン合金の切削性の検討,森田次郎,神崎昌郎
  平成19年度神奈川県ものづくり技術交流会.

  ・二硫化モリブデン添加による窒化チタン膜の低摩擦化の実現,鈴木敬之介,神崎昌郎
   2007年度精密工学会春季大会.

  ・Ti-B-Cコーテッド工具によるチタン合金の切削性の検討,森田次郎,神崎昌郎
   日本機械学会2007年度年次大会.

  ・DCマグネトロンスパッタリング法による高潤滑性MoS
2添加TiN薄膜の創成,神崎昌郎
   第2回“環境調和型機能性表面”フォーラム(財団法人神奈川科学技術アカデミー主催).

 *2006年度
  ・炭素含有量制御によるB-C系薄膜の機械的特性向上,森田次郎,神崎昌郎
   2007年度精密工学会春季大会.

  ・Ti添加DLC膜の密着力に及ぼす真空加熱処理の影響,鶴見知久,神崎昌郎
   平成19年度神奈川県産学公交流研究発表会.

  ・Al-B-C膜の機械的特性および高温酸化特性,冨山まりい,神崎昌郎
   平成19年度神奈川県産学公交流研究発表会.

  ・Cu中間層創成によるDLC薄膜の密着力向上,杉浦友哉,神崎昌郎
   平成19年度神奈川県産学公交流研究発表会.

  ・真空加熱処理によるTi添加DLC膜の密着力向上,鶴見知久,神崎昌郎
   日本機械学会2006年度年次大会.

  ・DLC薄膜の密着力に及ぼすCu中間層の影響,杉浦友哉,神崎昌郎
   日本機械学会2006年度年次大会.

  ・Al-B-C膜の機械的特性および高温酸化特性に及ぼす組成の影響,冨山まりい,神崎昌郎
   日本機械学会2006年度年次大会.

  ・硬質スパッタ薄膜の低摩擦化技術,神崎昌郎,第6回産学公技術連携推進フォーラム
   (神奈川県産業技術総合研究所・財団法人神奈川県中小企業センター主催).

 *2005年度
  ・B
4Cスパッタ薄膜の低摩擦化に及ぼすCH4導入の効果,神崎昌郎
   2006年度精密工学会春季大会.

  ・二硫化モリブデン添加によるTiN薄膜の低摩擦化,榊 岳史,神崎昌郎
   日本機械学会2005年度年次大会.

  ・金属添加DLCコーティング工具によるドライ切削特性の向上,松本克哉,神崎昌郎
   日本機械学会2005年度年次大会.

  ・組成および構造制御によるB
4C系薄膜の機械的特性の改善,神崎昌郎
   2005年度精密工学会秋季大会.

 *2004年度
  ・CH
4導入により形成したホウ素含有薄膜の結合状態および機械的特性の評価,神崎昌郎
   2005年度精密工学会春季大会.

  ・B
4C系薄膜の機械的特性に及ぼす水素添加の効果,神崎昌郎,榊 岳史,松本克哉,
   日本機械学会2004年度年次大会.

 *2003年度
  ・マグネトロンスパッタリング法により形成したホウ素含有薄膜の機械的特性,神崎昌郎,池田達哉,
   小林幹永,榊 岳史,松本克哉,2004年度精密工学会春季大会.

       
【追記】 大学院進学予定者は,精密工学会「学生会員卒業研究発表会」で発表しています.


 ◎獲得した外部研究資金
  ・平成26年度 大澤科学技術振興財団研究助成費(150万円)「B2O3の生成溶融を利用したコーテッド
   工具高性能化


  ・平成26年度 科学研究費助成事業「基盤研究(C)」(400万円)「微小量潤滑下での難削材高効率
   加工用TiB2+α-MoS2 コーテッド工具の開発

  ・平成24年度 マザック財団研究開発援助・助成金(50万円)「ホウ素リッチ薄膜を適用した難削材の
   高効率加工技術の開発」


  ・平成23年度 御器谷科学技術財団研究開発助成金(100万円)「人工股関節の長寿命化に向けた
   高密着性Ti添加DLC膜による摩耗抑制技術の開発」

  ・平成23年度 科学技術振興機構(JST)研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)「探索タイプ」
   (170万円)「小型エンジン用TiB
2+αベース潤滑性硬質複合膜の開発」

  ・平成23年度 科学研究費助成事業「基盤研究(C)」(410万円)「ホウ素含有薄膜の高温潤滑性能を
   利用した航空機用Ti合金の高効率加工に関する研究」

  ・平成22年度 三豊科学技術振興協会研究助成金(200万円)「Ti合金の高効率精密加工用Ti-B-C
   コーテッド工具の開発」

  ・平成21年度 先端加工機械技術振興協会研究助成金(50万円)「ホウ素リッチTi-B-Cコーテッド
   工具を用いた耐熱合金ドライ切削時の表面平滑性向上に関する研究」

  ・平成21年度 科学技術振興機構(JST)地域イノベーション創出総合支援事業「シーズ発掘試験」
   (200万円)「摩擦低減用高耐熱硬質TiN-MoS
2複合膜の開発」

  ・平成21年度 総合工学振興財団研究奨励金(70万円)「Ti添加によるDLC膜の密着性向上および
   人工股関節への応用検討」

  ・平成20年度 科学研究費補助金「基盤研究(C)」(380万円)「超硬質Ti-B-Cコーティングによる
   ドライ切削用高耐熱工具の開発」

  ・平成19年度 カシオ科学振興財団研究助成費(100万円)「真空加熱処理による人工関節用高密着性
   金属添加DLC膜の創成」

  ・平成19年度 大澤科学技術振興財団研究助成費(200万円)「MoS
2添加によるTiN膜の低摩擦化と
   切削工具への応用検討」

  ・平成18年度 科学研究費補助金「基盤研究(C)」(350万円)「高耐熱B-C-X系硬質膜を用いた難削材の
   高効率加工に関する研究」

  ・平成18年度 大澤科学技術振興財団研究助成費(300万円)「真空加熱書処理による切削工具用
   高密着性金属添加DLC膜の創成」

  ・平成18年度 金型技術振興財団研究開発助成費(100万円)「高潤滑性MoS
2-TiN複合膜創成による
   金型表面の改質」

  ・平成18年度 神奈川科学技術アカデミー 都市エリア産学官連携推進事業;可能性試験委託
   試験費(150万円)「DCマグネトロンスパッタリング法による高潤滑性MoS
2添加TiN薄膜の創成」

  ・平成16年度 大澤科学技術振興財団研究助成費(200万円)「斜め入射スパッタ法による傾斜柱状
   構造B-C-N系硬質膜の創成とそれを利用した摩擦制御法の開発」

【豊田中央研究所在籍時の研究業績】 
  
(最後の5年間はリチウムイオン二次電池に関する研究開発に携わっていました) 

 ◎学術論文
 (査読あり)
Synthesis, Cation Distribution and Electrochemical Properties of Fe-doped Li2MnO3 (0.15<Fe/(Fe+Mn)<0.75) as a Novel 4V Positive Electrode Material, M. Tabuchi, A. Nakashima, H. Shigemura, K. Ado, H. Kobayashi, H. Sakaebe, H. Kageyama, T. Nakamura, M. Kohzaki, A. Hirano and R. Kanno, J. Electrochemical Society, Vol.149, pp.A509-A524, (2002).

Variation in Preferred Orientations of TiN Thin Films Prepared by Ion Beam Assisted Deposition, A. Matsumuro, T. Hayashi, M. Muramatsu, Y. Takahashi, M. Kohzaki and K. Yamaguchi, Materials Science Research International, No.3, Vol.7, pp.1-6, (2001).

Wear Resistance of Carbon Nitride Thin Films Formed by Ion Beam Assisted Deposition, T. Hayashi, A. Matsumuro, M. Muramatsu, M. Kohzaki and K. Yamaguchi, Thin Solid Films, Vol.376, pp.152-158, (2000).

イオンビーム支援蒸着法によるTiN薄膜の配向制御,林 敏行,松室昭仁,村松睦生,神崎昌郎,高橋 裕,山口勝美,精密工学会誌,Vol.65, pp.1340-1344, (1999).

イオンビーム支援蒸着法により形成されたC-N系薄膜の耐摩耗性,林 敏行,松室昭仁,村松睦生,神崎昌郎,山口勝美,日本機械学会論文集(C編),Vol.65, pp.2042-2049, (1999).

Structural Analysis of a Carbon Nitride Film Prepared by Ion-Beam-Assisted Deposition, T. Hayashi, A. Matsumuro, M. Muramatsu, M. Kohzaki and K. Yamaguchi, Japan Journal of Applied Physics, Vol.38 Part 2, pp.L395-L397, (1999).

イオンビーム支援蒸着法による窒化炭素膜形成におけるArイオン添加の効果,神崎昌郎,松室昭仁,村松睦生,林 敏行,山口勝美,精密工学会誌,Vol.64, pp.152-156, (1998).

Preparation of Carbon Nitride Thin Films by Ion Beam Assisted Deposition and Their Mechanical Properties, M. Kohzaki, A. Matsumuro, T. Hayashi, M. Muramatsu and K. Yamaguchi, Thin Solid Films, Vol.308-309, pp.239-244, (1997).

Influence of Deposition Temperatures on BondingState and Microstructure of Carbon Nitride Thin Films Prepared by Ion-Beam-Assisted Deposition, M. Kohzaki, A. Matsumuro, T. Hayashi, M. Muramatsu and K. Yamaguchi, Japan Journal of Applied Physics, Vol.36, pp.2313-2318, (1997).

Diamond Film Deposition by a Substrate-Stabilized Flat Flame, K. Uchida, A. Itoh, K. Higuchi, M. Kohzaki and S. Noda, Diamond and Related Materials, Vol.6, pp.1599-1605, (1997).

Tribological Properties of CVD Diamond Films in Various Environments, M. Kohzaki and S. Noda, Diamond Films and Technology, Vol.3, pp.135-148, (1994).

Large-Area Diamond Deposition and Brazing of The Diamond Films on Steel Substrates for Tribological Applications, M. Kohzaki, K. Higuchi, S. Noda and K. Uchida, Diamond and Related Materials, Vol.2, pp.612-616, (1993).

Large-Area High-Speed Diamond Deposition by Rf Induction Thermal Plasma Chemical Vapor Deposition Method, M. Kohzaki, K. Uchida, K. Higuchi and S. Noda, Japan Journal of Applied Physics, Vol.32, pp.L438-L440, (1993).

Tribological Characteristics of Polycrystalline Diamond Films Produced by Chemical Vapor Deposition, M. Kohzaki, K. Higuchi, S. Noda and K. Uchida, Journal of Materials Research, Vol.7, pp.1769-1777, (1992).

ダイヤモンド膜のトライボロジー,神崎昌郎,野田正治,トライボロジスト,Vol.36, pp.935-940, (1991).

Frictional Properties of Chemical Vapor Deposited Diamond Thin Films, M. Kohzaki, K. Higuchi and S. Noda, Materials Letters, Vol.9, pp. 80-82, (1990).

Tribology of Silicon-Thin-Film-Coated SiC Ceramics and The Effects of High Energy Ion Irradiation, M. Kohzaki, S. Noda and H. Doi, Wear, Vol.140, pp.251-261, (1990).

Tribology of Niobium-Coated SiC Ceramics and The Effects of High Energy Ion Irradiation, M. Kohzaki, S. Noda, H. Doi and O. Kamigaito, Wear, Vol.131, pp.341-351, (1989).

Si薄膜の蒸着とイオン照射によるセラミックスのトライボロジー特性の改善,神崎昌郎,野田正治,土井晴夫,上垣外修己,粉体および粉末冶金,Vol.35, pp.708-711, (1988).

セラミックスの摩擦摩耗特性−金属薄膜の蒸着とイオン照射の効果−,神崎昌郎,野田正治,土井晴夫,上垣外修己,粉体および粉末冶金,Vol.35, pp.174-176, (1988).

Friction and Wear of Nb Metal-Deposited SiC and The Effects of High-Energy Ion Irradiation, M. Kohzaki, S. Noda, H. Doi and O. Kamigaito, Materials Letters, Vol.6, pp.64-66, (1987).


 ◎国際会議
Influences of The Starting Materials and The Sintering Temperatures on The Synthesis of Phospho-olivine LiFePO4 as a Cathode Material for Lithium Secondary Batteries, M. Kohzaki, Y. Ukyo and M. Tabuchi, Proceedings of 202nd Meeting of the Electrochemical Society, (2002).

Tribological Properties of Carbon Nitride Thin Films Prepared on Titanium Nitride Substrates by Ion-beam-assisted Deposition, T. Hayashi, A. Matsumuro, M. Muramatsu, M. Kohzaki and K. Yamaguchi, Proceedings of 9th International Conference on Modern Materials & Technologies (CIMTEC '98), pp.541-548, (1998).

Variation in The Preferred Orientations and Their Mchanical Properties of TiN Thin Films Prepared by Ion-beam- assisted Deposition, T. Hayashi, A. Matsumuro, M. Muramatsu, Y. Takahashi, M. Kohzaki and K. Yamaguchi, Proceedings of Fourth Special Symposium on ADVANCED MATERIALS, pp.279-282, (1998).

Preparation of Hard Carbon Nitride Films and Their Microstructure, M. Kohzaki, A. Matsumuro, T. Hayashi, M. Muramatsu and K. Yamaguchi, Proceedings of Fourth Special Symposium on ADVANCED MATERIALS, pp.256-259, (1998).

Nano-indentation Hardness and Frictional Characteristics of Carbon Nitride Films Produced by Ion-Beam-Assisted Deposition, M. Kohzaki, A. Matsumuro, T. Hayashi, M. Muramatsu and K. Yamaguchi, Proceedings of 1st International Conference on Tribology in Manufacturing Processes '97, Gifu, pp.310-315, (1997).

Large-Area Diamond Deposition and Brazing of The Diamond Films on Steel Substrates or Tribological Applications, M. Kohzaki, K. Higuchi, S. Noda and K. Uchida, Proceedings of the Third International Conference on the New Diamond Science and Technology jointly with the 3rd European Conference on Diamond, Diamond-like and Related Coatings, Heidelberg , pp.612-616, (1992).

Tribology of Thin Film Coated SiC Ceramics and The Effects of High Energy Ion Irradiation, M. Kohzaki and S. Noda, Proceedings of the Japan Inter-national Tribology Conference Nagoya, 1990, pp.1129-1134, (1990).


 ◎解説等
大面積ダイヤモンド膜の析出と鋼材へのダイヤモンド膜のろう付け,神崎昌郎,樋口和夫,野田正治,内田 清,豊田中央研究所R&Dレビュー,Vol.29, pp.61-70,(1994).

ダイヤモンド膜のトライボロジー,神崎昌郎,樋口和夫,野田正治,内田清,ニューセラミックス,Vol.4, pp.49-52,(1991).

Compressibility of g-Mg2SiO4, H. Sawamoto, M. Kohzaki, A. Fujimura, A. Matsumuro and O. Shimomura, Photon Factory Activity Report, No.3, p.117, (1986).


 ◎特許出願・・・25件
以上

 ◎学会発表・・・23回
以上