JAXA惑星大気突入環境模擬装置を用いて学外実験を行いました

11月7日から18日の12日間、宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所の惑星大気突入環境模擬装置を用いて山田研究室が『地球大気突入探査機周りの流れに関する研究』を行いました。本実験装置は、スペースシャトルや惑星探査機などが地球大気圏に突入飛行する際の飛行環境を模擬できる国内最大級の装置であり、これまで主に小惑星探査機「はやぶさ」、「はやぶさ2」のサンプルリターンカプセル開発に利用されてきました。平成26年度からは、全国の大学関係のユーザーに利用公募が出されており、利用申請が採択されると本実験装置を用いた研究を行うことができます。

当研究室では、学内だけでなく航空宇宙分野で国内最先端のJAXAの実験設備を用いた研究活動を行っております。

ページTopへ戻る