JAPAN ROBOT WEEK 2016 に出展しました

10月19日から21日の三日間、東京ビックサイトで日本最大級のロボット展示会Japan Robot Week 2016(日本ロボット工業会、日刊工業新聞社 主催、経産省後援)が開催され、小金澤研究室と甲斐研究室が合同で展示ブースを設け研究展示を行いました。

「ロボット技術」は日本のこれからの科学技術基本計画において、”新たな価値創出のコアとなる強みを有する基盤技術”と位置づけられており、連日多くの企業、官公庁、大学関係の見学者が立ち寄り、学生たちの説明を熱心に聞き、質問をしていました。また、数多くのロボット関連企業、国や地方公共団体、30近い大学の研究室が展示ブースを設け、展示/デモンストレーションを行い、セミナー/フォーラム等も開催されましたので、ロボット産業界の動向やロボット研究の最前線が知見できました。

ページTopへ戻る