化学とマイクロ・ナノシステム学会第34回で木村研究室の修士1年 宮本隼佑君が優秀発表賞を受賞しました

学会発表タイトル
「ルードヴィヒ・ソレー効果を利用した重水分離システムの構築」

まずは、今回ケミナスでの発表の機会を与えてくださった木村先生や本学会を開催してくださった ケミナス事務局の方々、並びに本研究に関係するすべての方々に心より感謝申し上げます。本学会では、化学とマイクロ・ナノ工学の融合として、化学をはじめ として様々な分野の研究が発表されており、素晴らしい発表が多くある中で私の研究が評価されたこと、光栄に感じております。

私の所属する木村研究室では、マイクロ流体デバイス技術を用いてさまざまな分野の研究を行っています。マ イクロ流体デバイスとは、半導体微細加工技術を用いて作製された微小な流路構造を有したデバイスで、実験試薬の削減や流体系での実験が可能といった特徴が あります。私は、このマイクロ流体デバイス技術を応用し、分子の同位体を分離するための研究を行っています。

最後になりますが、木村先生、喜多先生、並びに研究に関係する皆様に感謝申し上げます。今後とも、邁進してまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

ページTopへ戻る