CAD/CAMとはComputer Aided Design / Computer Aided Manufacturingの略称であり、コンピュータを利用した設計・生産技術やそのシステムのことを指します。現代のものづくりにおいては、設計・製図作業や、それに引き続く加工・生産作業の高精度化・高速化・高効率化・省力化が求められていますが、CAD/CAMはそのための必要不可欠な手段になっています。この授業では、物体形状の表現方法・図形の操作方法やデータ構造などのCADのしくみ、形状データや図面情報からNC(数値制御)工作機械の運転データ(NCデータ)を作り出すためのCAMのしくみの概要を学びます。それに加えて、CADについては、CADシステムの操作方法に慣れ、規格に基づいた図面が描けるようにするための実習も行い、CAMについては、実際の加工を想定して加工工程・加工条件を検討し、NCデータを作成する実践的な演習も行います。

本科目で身につけられるCAD/CAMの知識・技術は、後に続く「機械デザイン1・2」における設計・製図に活用できるとともに、将来、製造業に就職した場合の業務に役立つものになるでしょう。また、「CAE」(Computer Aided Engineering)ではコンピュータを利用した性能解析の設計開発活動への活用について概説しますが、これはCAD/CAMの技術と強く結びついていますので合わせて学ぶことを勧めます。

ページTopへ戻る