機械と言うとどのようなものをイメージするでしょうか。自動車、鉄道、船舶、飛行機などの移動するための機械やそのエンジン、エアコン、冷蔵庫や炊飯器など家庭で使っているさまざまな機械、さらにはロボットなど、身の回りにあるほとんど全てのモノが機械であり、機械工学の対象です。これらのように現在活躍しているモノだけでなく、マイクロマシンやバイオなどの将来期待されるモノまで、またこれらのモノを作る技術、材料など、機械工学がカバーする領域は非常に多岐にわたります。
将来これらのどの分野に進んでも、十分に実力を発揮できるような機械技術者、すなわち人間としての豊かな力を持つとともに、機械工学・工学全般の基礎力を備えた人材を養成することが本学科の教育目標です。

このために充実した講義・ゼミナール群を用意していますので、高校までの成績や偏差値はあまり気にする必要はありません。それよりもヤル気が重要です。いろいろなことに興味がある人、ロボット、エンジンなど、特定の機械に興味があるけれども、他のことも勉強してみたい人、新しい機械や夢を追求したい人、是非とも一緒に勉強して行きましょう。

 

 

ページTopへ戻る